Politics

高知で「カツオのタタキ」が発展した歴史的経緯 | 江戸前の旬 | 東洋経済オンライン


悩む旬は、土佐の郷土料理を食べ本場のカツオのタタキに驚愕する!!

銀座『柳寿司』三代目・柳葉旬。柳寿司の末っ子として生まれ、父親の跡を継ぐために寿司職人となって迎えた二度目の春……。寿司職人として大輪の花を咲かすべく、ただ今奮闘中!! 厳しい師である父・鱒之介に日々怒鳴られながらも、失敗を自分の力へとかえ、成長してゆく!!

江戸前の旬 1―銀座柳寿司三代目 (ニチブンコミックス)

『江戸前の旬 1―銀座柳寿司三代目』(日本文芸社)。書影をクリックすると日本文芸社のサイトにジャンプします

そんな本作『江戸前の旬』が、原作者・九十九森(つくも・しん)と漫画家・さとう輝(てるし)のコンビで「週刊漫画ゴラク」誌上にて連載開始されたのが1999年。今や20年を超えるロングラン連載となり、コミックスも110巻を突破した。またBSテレビ東京では、二度にわたってドラマ化もされている。

長く愛される本作の根底には「寿司へのこだわり」と「人への優しさ」がある。時代を経ても廃れることのない食と人のドラマ。

漫画『江戸前の旬』(日本文芸社)より抜粋してお届けします。

この記事の漫画を読む(23ページ)





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.