Politics

穏やかな女性が「認知症で豹変」終末期病棟の現実 | お別れホスピタル | 東洋経済オンライン


終末期病棟に新しく入った九条さんは、とても仕事ができる看護師だった!

誰しもに訪れる「死」を見守る──終末期病棟。

『お別れホスピタル(8)』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

ガン患者と家族、認知症の老人、夫婦の姿──。

そこで働いて2年目の看護師・辺見が目にするのは、さまざまな患者の“死と人生”をめぐる赤裸々でむき出しの悲喜劇ドラマでした。

長寿が誰にとっても当たり前となった現代。あなたにとって、家族にとって「生きるとは?」「死とは?」をストレートに問いかける問題作。『お別れホスピタル』(小学館)より一部抜粋して、ご紹介します。

この記事の漫画を読む(21ページ)





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.