Politics

仕事の質は「どう」ではなく「誰」とやるかで決まる | ワークスタイル | 東洋経済オンライン


考えるべきは、「どうやるか」ではなく「誰とやるか」です(写真:Pangaea/PIXTA)

重要な仕事を突然任され、そしてその締め切りが明日だというとき、あなたはまず何を考えるでしょうか。

「さて、いったいどうやろうか」と、その方法から考えて自分だけで何とかしようとする人は多いでしょう。しかし、そのためには残業して孤独に仕事をし続ける必要があるかもしれません。さらに、そこまでして頑張った仕事の成果は、一定以上のものにならない場合が往々にしてあります。

そんなとき、考えるべきは「どうやるか」ではなく「誰とやるか」です。その具体的な考え方を、『WHO NOT HOW 「どうやるか」ではなく「誰とやるか」』から一部を抜粋して全3回でお届けします。

第1回:仕事の質は「どう」ではなく「誰」とやるかで決まる(本記事)

第2回:激務の起業家が「1人雇って」得た500時間分の価値

第3回:「自分の利益」で人脈づくりをする人には近づくな

マイケル・ジョーダンが必要としていたサポート

マイケル・ジョーダンは、史上最高のバスケットボールプレーヤーだ。ところが意外にも、NBAに入って最初の6年間、優勝には縁がなかった。

1984年のドラフトでシカゴ・ブルズに指名され入団したが、最初の3シーズン、チームはファースト・ラウンドで早々に敗退していた。彼自身はベストプレーヤーの1人として頭角を現していたが、結果を出せずにいた。ブルズにとって、マイケル1人の力では優勝できないことは明らかだった。

最高の才能に恵まれたプレーヤーではあっても、サポートが必要だった。マイケルが必要としていたのは、「どうやるか(How)」ではなく、「誰とやるか(Who)」だった。

1987年、ブルズは、ルーキーのスコッティ・ピッペンをトレードで獲得。彼がマイケルの理想的な協力者になった。スコッティは、ジョーダンの攻撃性と競争心を即吸収し、攻守両方のスキルを磨いて、プレーを後押しするとともに、ジョーダンがワンマンプレーヤーからチームプレーヤーへと進化する手助けもした。





Source link

Leave a Reply

Your email address will not be published.